このサイトはあなたのブラウザをサポートしていません。Edge, Chrome, Safari, Firefox をご使用ください。

Shopping Cart - カート

Your cart is empty - カートが空のようです

Continue Shopping - 買い物を続ける

Gogglesoc Hiroshi Suganuma Collection

菅沼 浩

1957年東京生まれ。逗子市在住。写真好きの父の影響により写真の道を志す。数々のトップ・スキーヤー、スノーボーダーの躍動する姿を追い求め、長年にわたり彼らとともに世界中の雪山を旅し、人と自然の織りなす二度とない瞬間を写真に収めている。国内外のトップライダーとの深い交流と信頼のもとに生み出させれる、彼らの目線に近い自然体の作品に定評。

http://hiroshisuganuma.jp/

参考:https://paddler-shonan.com/paddler/mr-hiroshi-suganuma/

GOGGLESOC SPECIAL LIMITED EDITION
2020-2021 WINTER

“HIROSHI SUGANUMA X 5 RIDERS COLLECTION”

菅沼 浩

1957年東京生まれ。逗子市在住。写真好きの父の影響により写真の道を志す。数々のトップ・スキーヤー、スノーボーダーの躍動する姿を追い求め、長年にわたり彼らとともに世界中の雪山を旅し、人と自然の織りなす二度とない瞬間を写真に収めている。国内外のトップライダーとの深い交流と信頼のもとに生み出させれる、彼らの目線に近い自然体の作品に定評。

http://hiroshisuganuma.jp/

“HIROSHI SUGANUMA X 5 RIDERS COLLECTION”

写真家菅沼浩が切り取った5人のレジェンドライダー達。
伝説の写真がGogglesocコレクションで今冬限定販売!
プロカメラマンやプロスキーヤーたちの誰もが口を揃えて"巨匠"と呼ぶ存在、写真家・菅沼浩さん。シーズン中、厳しい雪山へ身を置きながら、雪・スキーヤーと真摯に対峙し生み出された写真や、毎年出版し続けているカレンダーは、日本中のスキーバム達のマストアイテムです。毎年出版し続けているカレンダーも12周年。そのカレンダーを飾った写真の中から厳選された5人のレジェンドライダーをピックアップした、Gogglesocコラボ商品です。全国SHOPおよびSPUTNIKオンラインストアで各モデル150枚の限定販売です。

発売日:12月19日(土) 12:00PM-
販売数:各モデル限定150枚 販売価格:1,800円 (+税)

5Riders

1.Takeshi Kodama-児玉 毅

北海道札幌市生まれ。「スキーを背負って世界を旅する」をライフワークに、最高のライディングと感動を追い求めるプロスキーヤー。僻地や高所でのスキーを得意とし、マッキンリー山頂からの滑降や、グリーンランドでのシーカヤックを用いたスキー遠征、 エベレスト登頂、ヒマラヤ未踏峰滑降などに成功すると共に、スキー専門誌やDVDなどでスタイリッシュな滑りを披露している。

---

「あまりに有名な1枚。11月の立山、ウインドリップを突き抜けてスプレーを引っ張りながらタケが飛び出してきた。」-菅沼浩

2.Makoto Asakawa-浅川 誠

北海道旭川市生まれ。少年期からアルペンスキーに没頭。その後、一時期スキーから離れるも、25歳の時に再び雪山へ。旭岳や十勝岳などの山岳エリアでのビッグマウンテンスキーはもちろん、旭川近郊にあるカムイスキーリンクスや比布スキー場などでのゲレンデスキーを愛している。数々のスキー誌やムービーにも出演する日本を代表するスキーヤー。

---

「夕景の撮影は赤く焼けた斜面を狙うか沈みがけの太陽をバックにするかが悩みどころ、この日は太陽バックのシルエット狙いで斜面選択、太陽がいい位置まで来るのを待ってのドロップイン、誠が最高の位置で太陽を背中に背負ってくれた。」-菅沼浩

3.Kenji Kono-河野 健児

長野県野沢温泉生まれ。小学校から高校卒業までアルペンレーサーとして活躍し、2002年にフリースタイルスキー・スキークロスに転向。12年間、ナショナルチームメンバーとしてスキークロス世界選手権、ワールドカップ、X-GAMESに参戦。現役を退いた現在もスキーヤーとして国内外の山に足を運ぶ。故郷でもある野沢温泉村を拠点に、nozawa green field代表として一年を通して自然の中に身を置き、アウトドアスポーツの魅力を発信している。

---

「3月上旬のかぐら、だんだん春雪に変わってくる季節だったが、低温でいい雪が期待できそうな天気図に合わせての撮影、ドライでむせかえりそうなスモーキースプレーを体にまとわりつけて健児が抜けていった。」-菅沼浩

4.Daisuke Sasaki-佐々木 大輔

北海道札幌市生まれ。国際山岳ガイド。日本を代表する山岳スキーヤー。ビッグマウンテンスキーワールドツアー・フランス大会準優勝などコンテストで活躍する一方、マナスル、利尻岳、デナリのスキー滑降など、冒険スキーヤーとしても数々の偉業を残す。日本山岳ガイド協会、国際山岳ガイド連盟 認定国際山岳ガイド、日本バックカントリースキーガイド協会所属。

---

「ピンテックビンディングが出始めの頃の作品、山で初めて見たのがこの大輔が使ってたものだった、どうかなって思っていたら問題ないですよ調子いいですよって言いながら
ちょっと硬めの斜面をハイスピードで当て込んで行った。百聞は一見にしかずであった。」-菅沼浩

5.Taisuke Kusunoki-楠 泰輔

2017年Freeride World Tourにアジア人として初出場を果たし、世界にその存在感をアピールした。2005年全日本選手権デュアルモーグル優勝。同年、カナダカップビックエア準優勝。現在はビッグマウンテンをメインに北海道からアラスカまで滑り込んでいる。トップクラスの技術と時代を先取りしたユニークなスキースタイルを持ちながら、真面目で、スキーを心から愛する日本では稀に見るスタイリッシュなスキーヤー。

---

「夕方の移動中に見えた奥大日岳と空と雲のグラデーションが良かったのを見ていたら、泰輔が阿吽の呼吸で飛びますよの一言でのばかっ飛び、奥大日のはるか上でグラブを決めてくれた。」-菅沼浩

SPUTNIK SHOP 限定キャンペーン

発売を記念して菅沼浩さんより sputnik shop 限定 全5枚セットお買い上げの方へのプレゼントをいただきました。12月19日(土)12:00PM-より発売開始となります。

『公式ONLINE SHOP限定キャンペーン』
Hiroshi Suganumaコレクション 5枚セット
販売価格 : 9,000円+tax
発売日 : 2020年12月19日(土)12:00PM-
先着30名様限定

《特典内容》

 A) 先着10名様:菅沼浩写真集『SHAPE OF SNOW』プレゼント

菅沼浩さんによる自身初となる写真集。トップ・スキーヤー、スノーボーダーの雪上での躍動する姿を追い求め、40年にわたり世界中の雪山を旅し、人と自然の織りなす二度とない瞬間を写真に収めてきた菅沼さん。その何万というアーカイブの中から、バックカントリースキーを中心とした最高傑作を1冊にまとめあげたのが『SHAPE OF SNOW』だ。まさに、数多くの菅沼さんファンに加え、スノースポーツファンが待望した珠玉の1冊。

菅沼浩さんによる自身初となる写真集。トップ・スキーヤー、スノーボーダーの雪上での躍動する姿を追い求め、40年にわたり世界中の雪山を旅し、人と自然の織りなす二度とない瞬間を写真に収めてきた菅沼さん。その何万というアーカイブの中から、バックカントリースキーを中心とした最高傑作を1冊にまとめあげたのが『SHAPE OF SNOW』だ。まさに、数多くの菅沼さんファンに加え、スノースポーツファンが待望した珠玉の1冊。

 B) 先着20名様:菅沼浩カレンダー 2021 年度版 プレゼント

バックカントリースキー・スノーボードのシーンを収めた菅沼浩さんのカレンダーは、日本中のスキーバム達のマストアイテムです。毎年出版し続けているカレンダーも12周年。今年はこれまでのカレンダーの表紙を飾った名作を一挙にラインナップ。カバーライダーは江本悠慈。各月に登場するライダーは、児玉毅、浅川誠、塚原聡、小野塚彩那、河野健児、福島格、相馬浩義、江本悠慈となっています。

バックカントリースキー・スノーボードのシーンを収めた菅沼浩さんのカレンダーは、日本中のスキーバム達のマストアイテムです。毎年出版し続けているカレンダーも12周年。今年はこれまでのカレンダーの表紙を飾った名作を一挙にラインナップ。カバーライダーは江本悠慈。各月に登場するライダーは、児玉毅、浅川誠、塚原聡、小野塚彩那、河野健児、福島格、相馬浩義、江本悠慈となっています。

販売に関するお問い合わせは下記へお訊ねください。
株式会社スプートニク
shop@sputnik-japan.com
x