Shopping Cart - カート

カートが空のようです

買い物を続ける

2017_11 Mt.Tateyama, Japan

by teamsputnik |

 

日本に戻ったら、山で友と雪が待っていた。恒例の立山でシーズンイン。

 

室堂に到着したら、まずは掘る。

 

滑りもせずに、とにかく、掘る。

 

これでもかと掘る。

 

なぜなら、僕らのテントは重さ20キロのオートキャンプ用の巨大ティピーテントだったからだ。

 

しかもそれはただの宴会場(リビング)である。テント(ベッドルーム)は別。どうせそのまま宴会場で寝ちゃうのだけれど。

 

肉好きの仲間が誕生日と聞いて、今夜は黒毛和牛づくしの夕餉と決めていた。

  

挽肉を背負い鉄板を背負いハンバーグを焼く。ワインとシャンパンと日本酒が各2本づつあるが、足りないかが目下の心配だ。

 

我々の隣では、ガイド協会の検定試験がおこなわれていた。ガイド試験を受ける何人かも、試験の採点をする教官役も、我々の知り合いだ。ツエルトで夜を超す訓練を忙しそうに準備している。

 

私たちは、鍋の仕込みとUNOで忙しい。

 

私たちは、余興の訓練にもとても忙しい。

 

夜が更けてから「匂いが許せん、食わせろ」とガイド検定の教官役がハンバーグを食べに来たのはもう時効だろうか。

 

ちなみに、昼間は、ちゃんと、登ってるんですよ。

 

ちゃんと、滑ってるんですよ。

 

今年も、たくさん笑って、しっかり遊びつくして、ちゃんと帰ってきました。

 

 

hodaka

 

x