Shopping Cart - カート

カートが空のようです

買い物を続ける

2017_09 Trysil, Norway

by teamsputnik |

 

A birthplace of sweet. They still design all products here.

 

スウィートプロテクションは人口2800人の小さな村 Trysil (トゥリシル) が創業地だ。

 

スウィートプロテクションは、2000年、遊びを愛する3人の若者が始めた。

 

いまだにここを拠点に、いまもなお創業者たちが、すべてをデザインし、自身でテストし、自分たちの手で世界に送り出している。

 

“With heart, talent and attitude we create the best equipment possible.”
“愛情と才能と熱意によって思いつく限りの最高の製品を創ること”

 

スウィートプロテクションは、創業者であるストーレ・N・モラー (Ståle N. Møller) が、1988年にデザイン学校で一枚の用紙に書いたこの言葉にさかのぼる。

 

1990年代半ばに彼は、自分たちのエクスペディション遠征のために必要と思われるウェアやバックパックを、自分で作り始めた。ストーレの革新的なアプローチと新鮮なデザインは息を呑むほどだった。誰もがそれを望んでいた。

  

1999年、自信を得たストーレは、友人と新しい会社を設立することを決意する。アクションスポーツ愛好家のために、最新のハイテク素材による最高の製品を送り出すこと。より楽しくより自由で、かつ安全に、自然の中で遊ぶための基本的なものを作ること。

 

スウィートプロテクション(Sweet Protection)は2000年に設立された。創立してから数年のうちに、ローカルなガレージブランドからインターナショナル・シーンへ一気に移行した。2003年、スウィートはアウトドアスポーツの国際展示会ISPOへ初めて出展し、新人賞と最高賞であるISPOアワードを同時に獲得。発表されたスウィート製品はすべて、友人たちと山に冒険に出かけるためにハンドメイドで作られ、若かりし頃の思想そのままの輝きだった。

 

スウィートはいまだに友人同士で立ち上げたときの情熱を忘れてはいない。今日でもなお、スウィートはトゥリシルを離れていないし、友たちと共に楽しみながら成長するスタイルを忘れてはいない。フィーリングとファンクションの調和、デザインとスタイルの両立。あのとき紙に書かれた手書きの言葉は、ユニークなブランドアイデンティティの核として、そのままスウィートプロテクションのブランド哲学となり、現在も引き継がれている。

 

彼らとの旅は、なかなか悪くなさそうだ。

 

 

hodaka

 

x