Shopping Cart - カート

カートが空のようです

買い物を続ける

what is sputnik ?

by teamsputnik |

sputnik = スプートニクについて、その意味をときどき聞かれるので、その由来から。

 
スプートニクとは、1950 年代後半に人類で始めて宇宙に飛び出した、旧ソ連の人工衛星の名前です。

 
1957 年 10 月に打ち上げられたスプートニク 1 号は、57 日間地球周回を軌道し、その衛星から発信される電子音は、「スプートニク・ショック」として世界中に衝撃を与えました。その後の60年代の米ソの宇宙開発競争への端緒となった、冷静時代のエポックです。

 

 
 

その不思議なスペルと響きが頭の片隅にいつもあったのだけれど、その言葉の意味を知ったのはなにかの本だったろうか。

 
スプートニク (Спутник) という言葉の原義は、ロシア語で「付随するもの」という意味であり、 それが転じ「旅の道連れ」「同伴者」(fellow traveler)を意味するようになり、地球を周回する人工衛星に名付けられたらしい。

 
旅は道連れ 世は情け、という言葉が人生訓としてけっこう好きだ。

 
幼少の頃から、山好きな両親の影響で山に登り川で遊び、そのまま長じてあちこちと、山だろうが街だろうが、場末の飲み屋だろうが海外の孤島だろうが、ずっと旅していることが好きなままオトナになってしまった。

 
それどころか、自然の中で楽しむアウトドアが自身のライフワークにまでなり、いまでも落ち着きなく一年の半分は外泊をして、自宅が必要なのかどうかさえ分からない暮らしをしている。

 
そして、ついには、「アウトドアなんて旅だ、人生も旅だ、だったら旅をしながら仕事してたらもっと楽しいじゃないか」と、旅の仲間たちに声をかけ、旅をしながらヒトとモノを繋ぐ仕事を自身で始めてしまった。

 
旅の道連れが繋いでくれた縁だけを財産に生きている。それらの人々とともに、これからもずっと、仕事も遊びも楽しんでいきたい。そしてそこから、誰にも負けない新しい価値観を産み出してみたい。

 
かつてスプートニクが全世界に衝撃を与えその後の世界を変えたように。

 
そして、スプートニクが世界で初めて永遠の自由を獲得したように、僕らも自由なコミュニティを創造し、アウトドアの世界に革新的な価値観を創造し発信し、国内外の山にまつわるあらゆる仲間を「旅の道連れ」にしてつなぎたい。

 
そんな意味を込めました。

 
これまでお世話になってきた方々に、旅の情けが産み出す連鎖で、新たな恩返しができればと願っています。

 
どうぞよろしくお付き合いください。

 
2020.8.1
sputnik inc.
代表 遠藤 穂高
x